BLOG

印刷経営研究所のブログ

2020.03.24

【さくら印刷】作業時間をkintoneで可視化し、クライアントごとの料金を適正化した

カテゴリ:印刷ニュース

名古屋にあるサクラ印刷は、チラシ制作の現場でこの理不尽と戦っていた。情報量が多く、手間と時間がかかるものでも、短時間少人数で作成できるものでも、サイズで一律に見積を出していたため、クライアントごとの本当のコストと収益を把握できなかった。それを可視化して業務効率化に導いたのは、kintoneだ。 kintone hive 名古屋で4番目に登壇したのが、サクラ印刷の松井 敦哉さん。「『価値×時間×コスト』の適正化にむけて」と題して、印刷会社におけるいくつかの問題をkintoneで解決した事例を語ってくれた。(Yahoo!ニュース アスキーより転載)

詳細は→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000005-ascii-sci

Pocket

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

印刷経営研究所

Powered by

レイマック
© 2020 Raymac All rights reserved.