BLOG

印刷経営研究所のブログ

2020.01.08

【よく飛ぶ紙飛行機】いのの印刷会社が販売「滞空時間、普通の倍近く」/高知

カテゴリ:印刷ニュース

いの町の印刷会社「大国印刷所」が販売する紙飛行機キット「ハイタカ」シリーズが人気を集めている。本業の印刷業で培ったノウハウを生かし、紙の質や厚みを厳選して開発。同社の高橋亮社長(41)は「普通の紙飛行機の倍近い時間飛ぶ。友達や家族と楽しんでほしい」と話す。

キットには赤や青など色付きのA4サイズ紙が4枚入っている。紙だけのものと、設計図と滞空時間を左右するシールが同封された屋内用の「ソニック」、屋外用の「ジャイロ」の計3種類があり、198~594円。(毎日新聞より転載)

毎日新聞記事 https://mainichi.jp/articles/20200106/ddl/k39/040/207000c

大国印刷所 http://daikoku-insatsusho.com/

Pocket

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

印刷経営研究所

Powered by

レイマック
Copyright © 2020 Raymac All rights reserved.