BLOG

印刷経営研究所のブログ

2019.10.11

【今日の印刷営業ネタ 10/11】印刷物は買った後に効く

カテゴリ:印刷ニュース

AIDMA(アイドマ)とは、顧客がどういう心理的プロセスを経て購買に至るか、「注目(Attention)」、「興味(Interest )」、「欲求(Desire)」、「記憶(Memory)」、「行動(Action)」の5段階に切り分けて考えるモデルです。(ネット時代にはAISASだとも言われます。最初のSはサーチ(検索)と後のSはシェア(共有)です。)

これまでは印刷物の役割として、チラシやポスター、DMなどでA(注目)を担うことが求められてきましたが、現在はそれがネット検索に代替されています。最近はここよりも、買った後に、「これを買って良かった」と感じてもらうためのフォローツールとして、あるいは「このブランドやっぱりカッコイイ」と感じてもらうブランディングツールとしての役割を担う重要性が増してます。買った商品についてくる素敵なパンフレット、カッコイイ箱。思わずシェアしたくなるようなツールとして。お客様が買った後に、そのブランドへの愛顧がより高まるような印刷物、ブランディングツールを考えてみてください。

 

Pocket

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

印刷経営研究所

Powered by

レイマック
© 2020 Raymac All rights reserved.