BLOG

印刷経営研究所のブログ

2021.06.01

【印刷博物館】印刷博物館はメカの宝庫だ!(フランス)

カテゴリ:印刷ニュース

インターネットが広がる中、紙媒体は新しい時代のちょうどその過渡期にいる。紙から電子への時代の流れだ。歴史を見ていくと書籍というのは15世紀まで手書きで、一冊一冊手書きで写されていった。いわゆる写本だ。この頃は本は貴重だし、大量生産ができないので個人が読むものではなく、誰かがその本を読み聞かせるというのがその使い方だった。15世紀にドイルでグーテンベルグ、活版印刷機が出来ると本は大量生産され個人のものになっていく。印刷機は18世紀後半になって紙送りも自動化されていく。そして19世紀、産業革命へ…。フランスの大手印刷会社のMAURYグループの社長夫妻、シャンタル夫人とジャン=ポール・マウリー社長は印刷をビジネスとして成功させた。二人の間に子どもがいないため、後世にその印刷の歴史や技術を伝えることにしようとこの博物館を2018年にオープンさせたのだ。(マイナビニュースより転載)

 

ニュース元 → https://news.mynavi.jp/article/20210531-1896909/

 

 

■印刷会社を強くする社員研修 → https://insatsu-lab.com/2019/11/05/kensyumenu/

印刷会社の営業マンの能力アップ・スキルアップを支援する3日間研修です。印刷メディアに関わる者として絶対に知っておきたいマーケティングの知識、プレゼンテーションの知識、営業の知識について学びます。また、将来の幹部候補として理解しておきたい経営戦略やマネジメントについての知識についても学び、会社を担う人材の育成を致します。

Pocket

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

印刷経営研究所

Powered by

レイマック
© 2021 Raymac All rights reserved.