BLOG

印刷経営研究所のブログ

印刷会社向けの管理職研修に参加された方たちの「生の声」をご紹介します。

【参加者の生の声】

自分に向き合う時間が作れて楽しかったです。(研修を受けた後の変化として)より管理者としてやるべきことを意識し、毎日の申し送り等で習慣化することができつつある気がします。講師である豊田さんのスッと心に入る力、心を解かす優しさに触れることで、自分を出せる勇気をもらった気がします。ありがとうございました!(管理職男性)

これまで受けた研修の中では、一番抵抗なく受講できた気がします。(研修できづいたことは)「見込み客との緩やかな関係」を築き、続けていくというのは、重すぎず、やれそうな気がしました。また今回のような機会を得られたらぜひ参加したいと思います。(管理職男性)

難解な言葉ではなく頭に入りやすい解説が良かった。ほどよいシンキングタイムがあり、メリハリがあり、飽きなかった。(研修を受けた後の変化として)もう少し部下のことを見てあげられる存在になりたいと思う(ようになった)。作業業務から脱却できる仕事の組み立てを目指したい。(講師の豊田に対して)若い頃に上司として存在してくれていたら、と思いました。(管理職男性)

研修とはどれだけ場が和めるかが大切だと思いました。その中で考えることの継続が重要だと思いました。(今回の研修を受けて変化したことは)押しつけではなく時間を切るのではなく、自分の考えを表現することが必要だと痛感したこと。答えは(部下が)自分で導き出すもの、(上司は)その支援をすること、と気づいた。今回学んだことを実行できるように日々考えたいと思います。ありがとうございました。(管理職男性)

テクニック的なところでも、豊田先生自身が取材されたお話が多く、説得力があった。演習も多く、考えることが多かった。「ゆるやかなつながり」など、印象に残るフレーズもあった。(今回の研修を受けて)自分が日頃のことで頭がいっぱいで、管理職、経営のことを考えることができていなかったので、いしきできるように少しずつ変わった。また「自己開示」の大切さにも気づいた。豊田先生の自己開示は、心に残りました。豊田先生は親しみやすい、と勝手に思っています。ありがとうございました。(管理職男性)

久しぶりの研修で、自分は現在どの位置(レベル)にあるのかを自分なりの研修を受ける目的としていました。その意味では改めて気づいたことが多かったように思います。(この研修を受けた後の変化として)最初は「自分」を中心にしていましたが、研修が進むにつれて「他者」の存在がキーワードになってきたように思います。普段はなかなか知ることのない他のメンバーの実際や実態を知ることができとても有意義だったと思います。豊田さんのセミナーを受けて感じたのは「人間味」や「人間力」の大切さでした。その点では、とても共感しています。私も同じ50代としてもっと成熟した人間になりたいと思います。4日間ありがとうございました。(管理職男性)

私が想像していた内容よりはるかに良かったと思いました。ありがとうございました。今回の研修を受けて変化したことは、部下の話についてきちんと聞く、否定しない、「そう考えたんだね」とまずは認めてから話をするようになった。(豊田さんのことは以前から知っていましたが)実際に来て頂くまでに何度も悩みました。来て頂いて、今回の研修は本当に良かったと思いました。

この研修を企画して本当に良かったと思います。もっと早く実施していたらと後悔しました。自分なりに試行錯誤できたことを、豊田さんに背中を押していただけたと思いました。また、研修について、管理者に感想を聞きました。
「研修に出る前までは、わだかまりがあったけど、豊田さんの研修で素直になれた」
「豊田さんの話は、今までの研修と違って、すっと入った」
「豊田さんが苦労された話に心を打たれ、やらなきゃって思いました」
「話を聞いて、すぐに実践する機会はとても身になった」

この研修の詳しい内容について見る→こちらから

Pocket

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

印刷経営研究所

Powered by

レイマック
© 2020 Raymac All rights reserved.